化粧品やダイエットサプリを選ぶときはモニターとして参加してみるのも手

化粧品を選ぶ時に私にとって大事なのは、試しに1か月使ってみることです。 通販などで購入できる化粧品にも良いものはたくさんありますし、トライアルの商品やモニター制度などが利用できる機会も増えていますが、5日分などで実感できる効果はほとんどありません。ダイエット系のサプリも結構モニターありますよね。 もちろん、使用感(テクスチャーや肌への浸透感、刺激)などの第一印象はそれで十分実感できると思います。ですが、ニキビなどのトラブルにつながる悪影響だと最低2週間は(肌の再生サイクルの半分の期間)じっくりと見極めたいですし、キメの整い方や毛穴への効果など好影響では肌の再生サイクルひと回り分の期間は使ってみないと効果を測ることができないのです。 たとえばトラブルに関しては、使用3日目にニキビや肌へのピリピリがあったとして、それが化粧品の影響なのか寝不足や体調不良などの影響なのかははっきりとしません。 私の場合、脂性肌と乾燥肌の両方の悩みがあります。 昔から、ニキビに悩まされていてずっと脂性肌だと思い込んでいましたが、乾燥からくる脂ということをしり、いろいろ化粧品を選んで使うようになりました。 まず、基礎化粧品は低刺激のものを選ぶようにしています。高価な化粧品を使ったりもしたのですが、結局エステサロンでも推進している基礎化粧品にたどり着きました。結果価格が安かったのでとてもラッキーです。安価なものをたっぷり使えるのがいいところですね。 次に、コスメ用品ですが、お肌のベースに使うものには気をつけています。ドラッグストアなどで売っているものも良いと思うのですが、私には会いませんでした。カバー力はあっても崩れやすいとか、薄付きすぎて厚塗りしないと毛穴が気になるなど、満足いくものがありませんでした。意外と自分の肌の状態がわかってなかったりするものなので、プロのメイクさんがいるコスメカウンターなどに行って自分に合うコスメを選んでもらうようにしました。たまに自分へのご褒美としてちょっと高価なパックを買って使用したりしています。 たとえば肌にハリが戻ってきた!と思っていても、しばらく使用してみたら栄養過多でニキビ肌になったり、毛穴が消えた!と思っていても、皮脂の取りすぎや角質への刺激で赤らみが出たりすることがあります。 短い期間でトライアルができるときは、テクスチャーの確認をして、次に1か月使ってみて、肌への悪影響がないことを確認してから、継続するかを判断します。その後は季節ごとの見直し・・・・といった具合です。 で、いらなくなったダイエット系のサプリ等も、今ではダイエットサプリの買取サービスなども利用して現金化する事ができます。 便利な世の中になりましたよね。 ・ 化粧品やサプリのモニターでの参加

意外な100均の化粧品の使い道とブランド化粧品

19歳の時から、さまざまな人に化粧品を進められ、資生堂、メナード、100均、ニュースキンなどの商品をぐるぐると試してきました。しかし私は完ぺきな自然オイル使用の物に弱いらしく、無添加は体や肌に優しいとよくCMで言われますが必ずしもそうではないという事を自分で身にしみました。最初にお化粧道具として購入したのは100均の商品、学生でお金もなく、「言わないなら何使っていてもばれない。」と思っていたのでいまだに使っていました。 元々敏感肌の私は何をつけても良く名前が知られてる有名なメーカーさんのローションをつけても顔がちょっとヒリヒリして赤くなりました。その度にまた違うのを購入してお手入れしてましたがなかなか自分に合う化粧品がありませんでした。そんな時に知り合いから「自分の肌に合った基礎化粧品を作る事ができる」と教えてもらいました。その化粧品は自分の肌の角質やちょっとしたお肌のヒアリングをして1週間後ぐらいに自分用の基礎化粧品が送られてくる物でした。初めはサンプルなので量は少ないのですが、つけてみて今まで何でもヒリヒリして赤くなたのになんともなく、しっかりお肌に馴染みました。それからという物値段はオリジナルという事で普通の化粧品より高いのですがお肌の事を考えるとリスクのないこの化粧品を購入するようになりました。自分のお肌用なので気になるシワ、シミがどんどん目立たなくなり鏡を見るのが楽しみになってきました。この基礎化粧品を使い続けてたらお肌の状態も良くなり、値段の事もあるのでランクを下げてちょっと安い基礎化粧品を使用してみました。今までだったらヒリヒリして赤くなってたのが自分に合った基礎化粧品を使用してた事によってお肌が丈夫になったようで何も変化が起こらず、このまま使用するようになりました。 お肌が丈夫になった今では口コミで気になる化粧品を選び何でも試せるようになりました。一番選ぶのはインターネットで何点かのセットで安く購入する事が多くです。 そんな中で、天然使用で無添加の物を紹介され使用してみたら肌が、真っ赤になりかぶれてしまったのです。何回も行ったのですが、紹介していた台と人は何回か使えば慣れてくる言われたのですが、そのたびに肌が荒れるのは嫌だと思い使用をしなくなりました。で色々CM商品を試したのですが肌が荒れたり、ニキビができたりで私は有名ブランド使用できる体質じゃないと感じ結局100均使用に!!最近の100金はバカにはできないくらい、チークから化粧下地、マスカラや、アイライナーまで揃う万能ブース!!私は結局100均のバリバリ化学製品使用な物が合うらしく、100均娘になり今も100均商品を愛用中です。 以前まで集めていた化粧品はこちらの化粧品買取にだし、そのごはもっぱら100均ですね。

自分に合った化粧品を使ってる?化粧品選びのポイント!

化粧品は毎日使うのものなので、自分の肌に合ったものを選ばないと肌トラブルの元になります。 例えば、自分に合う化粧水はどんなものか分かりますか? 化粧水はしっとりタイプやサラサラタイプ、美白タイプや薬用タイプなどさまざまなものがあります。 自分の肌質を見極めて使うと、効果もまったくちがってくるのです。 ??自分の肌質は? 肌質は、乾燥肌、混合肌、油性肌の大きく三種類に分けられます。 混合肌は乾燥肌と油性肌の部分がそれぞれある肌質の人です。 まずは自分がどのタイプに当てはまるか、鏡を見たり触ったり、確かめて見ましょう。 ??化粧水を選ぶ 自分の肌質が分かったら、化粧水のタイプを選びます。 乾燥肌の人はしっとりタイプ、油性肌の人はサラサラタイプを選ぶと化粧水が奥まで適度に浸透しやすくなります。 油性肌の人は、サラサラタイプの化粧水を初めに使い、乾燥している部分にはクリームを塗ると効果的です。 ??間違った化粧水を選ぶと… 乾燥肌の人がサラサラタイプを使用すると、水分の吸収が足りず水分不足ちなりがちです。 反対に油性肌の人がしっとりタイプを使用すると、肌がベタベタになりニキビなどの原因に。 油性肌の人も、おなじで、の部分によって化粧品を使い分けることがポイントです。 また、シミや日焼けが気になる人は美白タイプ、ニキビが気になる人は薬用タイプを選ぶなど、そのときに合わせて使って見ましょう。 自分の肌は一年中おなじ状態ではないので、その都度確認しながら化粧品を選んでいきたいですね。